« DayTimeB 透過させる | トップページ | 新潮文庫の絶版100冊 まだやってた »

2009年4月21日 (火)

やりたいこと一覧

深夜枠のTV映画番組で欧米の若者向け青春映画を観てると時々出てくるのがこれ.

wishlist

というらしい.なんでも,一生のうちにこれだけはやっておきたいこと,だとか,夢や希望を並べたものであるらしい.
ふむ.40をとうに越えた不良中年には羨ましさのあまり正視に耐えない青臭さを感じてしまう.

だいたいこういうアイテムが映画やドラマで出てくる場合というのはまず間違いなく主人公またはその思いを寄せる共演者は薄幸ないしは否応なく虐げられた儚い立場に立たされているものと相場が決まっている.
だから,「やりたいこと一覧」は大抵涙を誘うような,つつましやかで手の平サイズの幸せが列挙されたカタログとなる.
けれど,物語の設定上,それらのカタログの品々が全て叶うことは稀か,叶ったとしたらそのとたんにヒーローまたはヒロインはばったりと死んでしまうようにできている.
列挙されているのは野心や欲望ではなく,夢や希望の羅列なのだろうと思う.

なにかと「夢」を冠した名称をつけたイベントや建造物にうさん臭さを嗅いでしまう私には,かねがね夢と野心は間違いなく違うものだという感覚はあっても,ではなにがどう違うのか.はっきりと定義できた験しがなかった.
もちろん辞書や辞典を引いたらもっともらしい事が書いてある.
けど,なんとなくピンとこない.
辞書にどんな風に書いて有るかはともかく,個人的に理解している言葉の意味はあえて文字にしてみるとこんな定義になる:

夢・希望・願望…
他に害をもたらさず,叶えることで自分だけでなく他にも利益をもたらす類の望み

野望・野心・欲望…
他に害をもたらす形で自分の望みを叶えようとすること

 

思うに.「夢」という言葉は非常に存在しにくく,実現しにくく,もしかしたら永遠に叶うことの無さそうな物事を指しているようだ.
一方で「野心」だの「欲」だのというのは,非常にありふれていて,場合によっては安易に得やすい物事を指しているように思う.

語った瞬間に儚く散ってしまってただの欲に塗れてしまう.安易に口にしちゃいけない神聖なもの.そういうものが夢なのかなー.

|

« DayTimeB 透過させる | トップページ | 新潮文庫の絶版100冊 まだやってた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161199/63793308

この記事へのトラックバック一覧です: やりたいこと一覧:

« DayTimeB 透過させる | トップページ | 新潮文庫の絶版100冊 まだやってた »