« 地下に目を向ける 水道漏水源を探る旅 1 | トップページ | MTB テールランプ »

2012年2月24日 (金)

MTB フルフェンダー その2

フルサスMTBにフルフェンダーとなると,やっぱ一筋縄では行かなかった.   
心を入れ替えてちゃんと装着方法を考え直すことにする.

 

できあいのヤワヤワなステーやブラケットはすっぱり捨てることにして,いろいろと計画を練っては捨てを繰り返したあげく,↓のような感じで行くことにした.   
1.へにゃへにゃなステー材(ステンφ3.2mm)の剛性アップ→φ4mm.    
2.ステーとフェンダーの固定方法を強化→ネジ留め.    
3.ステーとフレームの固定方法を強化→アルミ板2tとタイラップ.

 

じゃ.いってみよー.

 

前後共通に,まずステーと,それをフェンダに固定するブラケット.

 

ステーは大雑把に.φ4ステン丸棒をコの字型に曲げて作る.   
20120302-220315

 

そいつをフェンダに固定するのには,   
20111218-162342   
こんなブラケットをアルミの端材から切り出す.

 

だいたいこんな感じになる.予定.   
20110731-18595520110731-190007

 

ステーを車体側に固定するには….

 

丸棒を固定するのに,長さの精度だ角度だ何だの面倒な事を全て無視できるような簡単な方法は…

 

これだ.   
20111226-140220   
M8ネジにφ4の穴をぶち抜いて,   
20111226-153840   
頭は邪魔だからぶった切る.   
こういうのをダルマネジと呼ぶ地方もあるらしい.

 

これを使って. 
フロントは簡単に片付ける.   
20120220-220514   
2tアルミ版を切ったり曲げたり穴を開けたり….   
例のM8ダルマネジを使ってステン棒を固定.   
最後はタイラップでぎゅっ.   
出来上がり.

 

 

 

さて.後ろだ.

 

ステーは2対でしっかり固定することにした.   
将来予定のディスクブレーキの邪魔にならない辺りを狙って場所を決める.   
20120220-230937

 

実は.   
この期に及んでどういうカタチで固定するかまだ決まってなかった.   
アルミ板を切ったり曲げたり穴を開けたりするのはフロントと同じ…   
20120224-234317   
…なんだけどー.   
20120224-234341   
リアはいろいろ周辺構造物があるんで避けたり逃げたりが大変.   
試行錯誤でじわじわカタチを作っていく.   
20120225-212358   
これは?   
どこかで観たことのあるこの表情.

 

これか….   
image   
いえ,決して狙ったわけでは….

 

 

 

 

 

 

それはともかく.   
20120225-223521   
ちょっとづつカタチを微調整しながら組み立ててみる.

 

タイヤとのクリアランスを決めて,ステーの余分な長いところを切り捨てて,
20120226-172558

 

できた.   
20120226-173924   
   
後は細かい事だけど.   
20120302-211420   
フェンダーにブラケットを固定するのに開けてた穴があまりにいい加減だったんで,微調整.   
ついでに,脱着の作業性の向上と,補強の意味を込めて…

 

20120302-202826   
プラスチックの強い味方.プラリペア登場.   
フェンダーの裏側からプラリペアでワッシャとナットを固定.

 

明るいところで全景を. 
20120227-114033 20120227-114128 20120227-114113

 

悪くない.   

 

がんばりました.

 

念の為,ステーの長さは15mm程度余計に残してある.   
泥濘路で詰まって困るようだったらすこしタイヤとのクリアランスを開けられるようにするためだ.   
実際に粘土泥道に分け入ってみた限りでは,これくらいのクリアランスでも全然問題なかった.   
走るのに問題がなかったわけではなく,先にVブレーキとディレーラが悲鳴を上げて結局は走れなくなる.けどそれはフェンダのせいではない.

 

恐いのは小枝とがれ場での転倒かなあ.ま,それはその時考えよう.

|

« 地下に目を向ける 水道漏水源を探る旅 1 | トップページ | MTB テールランプ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

 
 初めまして。
わたくしもMTBにフルフェンダー付けたくて
どうしようかと思っておりましたが、霧が晴
れたような思いです。

しかし、2ミリ厚のアルミだったんですね!
2ミリ厚のアルミ板買ってきましたが、かな
り手強いと感じました・・・

アルミ板を曲げるのに何か特別な道具を使っ
てらっしゃるのでしょうか?
特にフロントフォークの曲線に沿って曲げる
なんて!と思ってしまった次第です。

そのあたりのことをお話していただけました
なら非常にありがたいです。
どうかよろしくお願いいたします。

投稿: とも | 2015年4月12日 (日) 21時24分

ともさん,コメントありがとうございます.
教えてあげられるほどの素養があればいいんですが,あいにくタタキ大工風味が甚だしくて申し訳ないです.

今回の場合,「フォークに沿った円筒状に優美に曲げてる」ように受け取られたかも知れませんが,画像が雑で目立たないだけで,実態はベコベコと何カ所も折り目(叩き痕)が生々しく入ってたりするよな極めてイーカゲン的シロモンです.
遠目には案外キレイに納まってるように見えるもんですねー.

金属は堅いと思ってらっしゃるかも知れませんが,
ホームセンターで売ってる板アルミは厚みが2mmあってもかなり柔らかいです.
(もしフラットバーとかLアングル材なんかから切り出したんだったらそれは板材より少しは堅いかも.でも,タカが知れてます)

それと.
最初から目的の長さ(フォークレッグ円周の1/3~1/2くらい)だとキレイに曲げるのは難しいんで,
まずは力をいれやすい長さ──30mm幅x200mm長くらい──の長目の短冊型にでも切り出して,
鋭いエッジは予め丸めて,革手袋でもはめて,とにかく怪我しないようにしっかり準備してから,

オモムロにその短冊板をテキトーな円筒状のものにでも押し当ててみてください.

案外,意外に,おそらくアナタが思ってるよりも遙かに簡単に くにゃっ と曲がってくれます.

何度か曲げたり伸ばしたりするうちにコツが掴めてきたらだんだん狙った感じに近いカタチにできるようになってくると思います.
必要なカタチに切り詰めるのはできるだけ後回しにした方が途中の加工がし易いです.

こんな説明で役に立つかな-? 解らなかったらまたそのときに.
では.

投稿: VR-4 | 2015年4月15日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161199/54253240

この記事へのトラックバック一覧です: MTB フルフェンダー その2:

« 地下に目を向ける 水道漏水源を探る旅 1 | トップページ | MTB テールランプ »