« キイロスズメバチ 駆除完了 | トップページ | ハチ 種類が判らない »

2012年9月 7日 (金)

ハチに刺された

と言っても先日不本意ながら一族もろとも皆殺しにしてしまったキイロスズメバチにではない.

場所は庭先.キウイとサクランボの側.
そこを通過する際,うっかり頭上から垂れ下がったキウイの枝の1本を軽く引っ掻けて揺らしてしまった.

その直後,耳に「ぅわんぅわんぅわんぅわん…」というレシプロ機の編隊のような羽音が迫った.
しまった.と思ったけどもう遅い.
背中に ばすん と衝撃を受けた.被弾.直撃.

実はその数日前,キウイの枝にハチが群れているのを見つけていた.
今朝,その場所を確認したとき群れの姿が見えなかったものだから既に移動したか散ったかと早合点していた.
場所をちょっと移していただけだったらしい.

さて.
幸い数歩で網戸で隔離されたサンルーム.意識してゆっくり歩いて避難成功.
網戸越しに眺めると,ぶんぶんぶんぶん と怒った彼らが猛烈な速度で狭い範囲を旋回しているのが見えた.

刺されたのは1箇所のみだけど背中.Tシャツ越し.
鏡越しで観るのも触るのも難しかったんで,カミサンと長男に手伝ってもらう事にした.
20120905-104331
カミサン撮影.刺されて3分後くらいかな.ピリピリ感が刺激的.
針が残ってる様子は無さそう.

そして長男が手にするのがこれ.
20120905-104532
ポイズンリムーバ.メーカと品名は忘れた.
野宿趣味のある長男を持つとこう言うときに大いに助かる.

んあぅ.
20120905-104611
思わず情けない声がでる.

何度か勢いよく「ぽんっ」と引っこ抜かれて遊ばれた.
20120905-104637
ホントは ちゅぅう~~~~ としばらく吸引しっぱなしに保つのが正しい使い方だそうだ.

あとはバンソコ貼って.
20120905-104849
応急処置完了.

さて.
カメラを手にもう一度表に出て現場に向かう.
20120905-153307
ハチ達はすっかり落ち着きを取り戻して元どおり静かに枝に泊まっている.
もともとこの枝のすぐ側にはアシナガバチの巣があって,その巣が空になっているのに気付いたのとほぼ同時にこのハチの群れを発見した.
だからこの群れはアシナガバチだとばかり思っていた.引越しでもするのかな,と.
けれど.
今になってよーく観てみたらなんか違和感がある.
上の写真を拡大.
20120905-153307
なんか黒っぽい.
全身の色柄が黄色の占める割合が少なくて,黄帯が細い.トックリバチやドロバチ風.
明るい黄色が目立つアシナガバチとは随分雰囲気が違う.
けど,真横のシルエットになってる姿は流麗でボリュームがあってアシナガ君のようだ.
だいたい,ドロバチって群れを作るんだっけ?

よく解らないな.昆虫さんの世界は複雑すぎる.
もう少し時間を置いてまだ居るようだったらもっと接近して写真撮らせてもらおう.
と,思っていたら翌日にはもう群れは解散してしまっていた.少数が飛んでいたが撮影はできなかった.

---
刺された傷は数時間も経たないうちに痛くも痒くもなくなった.
流石はポイズンリムーバ.
と,言うべきなのか,体質なのか,そもそも毒が弱かったのか.
そこらへんもよく解らない.

|

« キイロスズメバチ 駆除完了 | トップページ | ハチ 種類が判らない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161199/55603857

この記事へのトラックバック一覧です: ハチに刺された:

« キイロスズメバチ 駆除完了 | トップページ | ハチ 種類が判らない »