カテゴリー「くるま」の62件の記事

2014年5月12日 (月)

ギャランVR-4 252,507km そしてお別れの時.

悪いニュースと良いニュースがあるけど,どっちから聞きたい?
──海外映画によく出てくるフレーズ.

オッケー,じゃあまずは悪いニュースから.
まずはこれを見てくれ.どう思う?
20140511-153606
メータはつい先日,25万キロを超えたばかり.
25万キロかあ.月まであと13万キロ.あと1/3ってところ.

初年度登録は平成4年2月.
我が家に就航した時点で10年以上経過した過走行車だった.それは2003年11月,走行8万キロあたり.
それから時は流れて11年.17万キロを追加した.
トータルで22年.犬ならとっくに寿命で死んでる.猫なら運が良ければ尻尾を二本に裂いて何人ものヒトを平らげてる頃合いだ.
ヒトならどうかな.背伸びして馬鹿みたいに速いクルマを買ってうれしがって乗り回しているころなんじゃないかな.

そんなことをぼんやり想いながら. 自動車屋さんに到着.
20140511-154933r
思えば今までクルマを手放すときは,常にレッカー車のお世話になっていた.自走できるような”良”状態で別れた試しなんか一度も無かった.
我が人生初の経験だ.
E39AギャランVR-4,ありがとうな.

そして.

そこにはぴかぴかの次期主力機.
20140511-155347r
控えめな赤のCZ4A ランサー.
池の鯉みたいだ.

もちろん,悪いニュースはVR-4を手放したこと.良いニュースは代わりにランサーを買ったこと.
昭和と平成の端境の頃,VR-4初号機の運転席から見渡す世界はバラ色に輝いて見えた.
平成の先行き不透明な現在,CZランサーのぶっとい死角だらけのAピラー越しに見える景色は何色に見えるだろうか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

VR-4 ウォッシャポンプニップル破損 2/2

年末~年明けに帰省の予定があったんで慌ただしくやっつけ仕事で片付けていたニップルだけど,
20140101-141115
帰省先でまたへし折れてしまった.

帰宅してもうちょっと頑丈にやっつけ直す.
寒さと面倒臭さでもはやなりふり構っていられない.
20140101-142651 20140102-110631
ごりごり周囲を荒らして.べったりとプラリペアで固める.

20140102-112328
以上.247,088kmでの出来事でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

VR-4 ウォッシャポンプニップル破損 1/2

ここしばらく凍結だの降雪だのでウインドウウォッシャの使用頻度が急上昇している.
液体ガラコの補充に追われる日々.
20131224-191608

しかし.なんとなく液の無くなり方が激しすぎやしないかとぼんやりと感じていた頃.
とうとう朝満水にしていたタンクが夜には空になっているという事態に至ってしまった.

20131224-191619 
どこかからか洩れてるらしい.

タンクを外そうとしてたら原因がわかった.
20131224-192602
ポンプの出口,ニップルが折れてる.
クラックが入っていたようで,ホースを抜こうとつまんだだけでもろりと折れてしまった.

ポンプごとタンクを外し,状況検分してみると.
20131224-195346 20131224-195414
ポンプ本体はニップルが折れた以外は動作も水密も問題無さそう.

なんだけど,タンクとの間に挟んであるパッキンはもはや元の形がなんであったのかわからない程変形してる.
これでは元通りに組み付けるのも難儀しそうだ.そもそも今回の漏水問題はここが原因ではないからさっさと片付けたい.

邪魔にならない程度にパッキンの膨潤箇所を切り落として
20131225-002022
シリコンシーラントで半永久接着してしまうことにした.
20131225-002250

で,本題.失われたニップルの代用品を確保して.
20131226-235409 20131227-001151
なんとなくポンプ出口に納まる程度に成型したら,シーラントとともにぶっさして接着.

シーラントが固まるまで一晩おいてから作業再開.

フードの吹き出し口,ホース,途中の継ぎ手.ことごとくガピガピ.
20131227-214050 20131227-214819
ホースはどこも柔軟性を失ってて,伸ばしたり凹ませたりすると割れてしまう.
20131227-221105
手元に代用品がない継ぎ手類を痛めないように,ホースはちまちまとむしり取って引きはがす.

耐熱・耐油ホースで配管しなおし.
20131227-224122

さぶい.霜が降る中試運転.
20131227-225029
ダイジョブかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

VR-4 240,000km

会社帰りにふと目にとまったんでコンビニに立ち寄って記念撮影. 
20130724233531

月まであと144,000km

更新:画像引っ越し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

VR-4 シフト不調

水漏れがやっと片づいた,と思ったその翌日の朝.
いつものT字路を一時停止して発進右折しようとして左手に何か違和感を憶えた.
1速に入らない.
がくがくとシフトレバーを操作して他のギヤに入れたり抜いたりしてやっと入った.
ほっとして発進.

すこん.

発進.

あれ?

抜けてる.

再びごきぐぎがしごしとレバーを操作.ごぎゃり とした嫌な手触りと共に今度はちゃんと納まるところに納まった.
その日から「1速発進がとても大変病」との闘いが始まった.
幸い他のギヤへの変速は問題ない.問題ないもんだからうっかり停止すると発進でよけいじたばたしてしまう.

まあ,症状はこんな感じ.
思い当たるフシはいろいろあって,どれもこれも憂鬱極まりない. 
20130615143916
かれこれ1週間くらいかな.この調子で公道のシケインになりかけながらなんとかしのぎ通してやっと時間がとれたんで状況を把握するための調査に着手.
さて.現在238,993km.

フロアコンソールを引っぺがして. 
20130615142619
かぐや姫の検分が済むまでしばし中断.
梅雨真っただ中で時間が無い.姫には穏便に御退場いただいて.
まずはシフトレバー周辺. 
20130615143058 20130615143058_3
さっそく一つ目が見つかった.右画像がその拡大.
セレクタレバーのリンクを固定してるスナップリングが外れかけてる.
いや,外れてる.グリスの粘着力で辛うじて貼りついてる状態.
 
ひん曲げなおして叩き込む. 
20130616153017
ダメだなこりゃ.時間の問題.
他にレバー側とピロボールには大きな問題は無いらしい.
スナップリングのサイズをメモして先に進む.

次はエンジンルーム. 
20130615145839
ほとんど毎週分解してるような気がする.

今回のターゲットはここ. 
20130615145913
無信心な私でもこんなときは祈る.
どうかMT本体は無事でありますように. 
20130615145953 20130615150005
MT側のリンク.左画像右がシフタ.右画像のがセレクタ.
どっちもガタガタ.みるからにセンターがずれてる.割りピンも片足無くなってる.
ブッシュのゴムが粉砕してるかも.

いいや.時間がない.さっさとケーブルを交換する. 
20130616125144 20130616125220r
2006年に4号機用に確保しておいた部品.いろいろあって7年以上物置のコヤシにしてしまっていた.
さあ今こそ蘇るがいい.

その前に新旧比較. 
20130616125613 20130616125613_3
一目で解ると思うけど,奥が新.一見して酷いのはシフタケーブル.金属パイプそのものが摩耗&伸びててガバガバだ.
セレクタはまともそうだけどこれも触ってみたらゴムブッシュ全体がかなり縮んでて指でつつくとコロコロ遊ぶ.
要するに寿命.
けれど.ケーブルそのものに異常はなさそう.室内側のリンクはさほど痛んでいない.
リンク部分だけを交換できればいいのに,ターンバックル部分を除いて分解できそうにない.
なんだか釈然としない.
だいたいからしてターンバックルの先っちょだけという部品供給も無い.
 
ん?  
20130616125540
あれれ? なんか微妙に何かが違う.
そのターンバックルが1個少ない.どうせ出さない部品なら無くしてしまえという魂胆か.
直結になってるのはシフタ側.シフトレバーの前後方向のセンターは調整不要ってことか.

なんか損した気分だけどまあいいや.
些細なことで立ち止まっていられるほど人生は長くない.急げ. 
20130616130040
ごしごし押し込む.

ところで.割りピンはどうする? 
20130616143030
ケーブル両端で必要なのは4つ.元もとのピンは全部へし折れてる.Eピンは1個しかない.

いいや.
悩んでる暇はない.
クリントイーストウッド曰く,
「男はアルミガムテープとウォーターポンププライヤがあればなんでも直せる」
んだそうだ. 
20130616144421
私はペンチと針金で立ち向かってみることにする. 
20130616145425
なんとかなりそうだ.
室内側も同様に. 
20130616152945
ただし,こっちには元もとは無かった平ワッシャを挟んでおいた.これで少しはリンクのガタが減らせる.と思う.
↑がセレクタ.不思議なことに,↓のシフタ側は同じワッシャと針金だと隙間が詰まりすぎて組み立てられない. 
20130616152952
一回り細いピアノ線でなんとかなった.

セレクタの長さ調整は慎重に.取り敢えず教科書通りにニュートラルを決めて. 
20130616162321
あとは走りながら調整する.

ところで.写真を撮り忘れたけど社内側のリンクには表と裏がある. 
20130616162846
ブッシュの辺り面が広い方をどちらに向けるか,整備解説書によるとちゃんと指定がある.
けど,今回は平ワッシャを挟んだから無視. 

最低限走れる状態に組み立てて,近所を走ってみてリンク長を調整する.
ふむ.随分よくなった.
少なくとも信号待ちでそんなに慌てなくてもすむ程度には回復した.

けど.

うーん.もう一声かなあ. 
20130618201941
というフラストレーションを抱えながら239071km.80kmくらい走ったわけだ.

おし.
最後の手段. 
20130618210929r
街乗り仕様のオープンデフで良かった.安上がり.

で,効果は?
効いた.
新車並み,とは言わないけど,ぬっこぬっこ とシフトが決まる.
これならまだまだ走れるぞ,たぶん. 

更新:画像引っ越し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

VR-4 クーラント漏れ なげやり気味に解決

帰省先での簡易点検で僅かな水の減りが見つかったものの,しばらくの間はそれ以上の被害拡大は見つからず,小康状態は保てている様子だった.

もちろん,そんな状態が長く続くはずはない.
壊れた機械は治さないと治らない. 
20130604221350
緑色の水たまり.

さらに. 
20130604221256
水ばかりでなく,クランクセンサのあたりからオイルが吹き出した形跡まで見つかった.
まあ,これはこれ.老後の楽しみに取っておくとして今日は水にだけ注目する.

問題の箇所.
新品ホースだったのにもう中糸が緑色に染まってる.内部破断で無いことを祈るばかり.
20130604221436 20130604222928
引き抜いてみたのが右画像.緑色のはずのクーラントに茶色いものが….
いろいろ錆びてるんだろうな.
まあ,とにかく.
せっかく外せるニップルなんだからもう一度外して眺めてみる. 
 20130604224039 20130604230008
ドリルチャックに咥えてサンドペーパで がーーーーっ と均してみた.
侵蝕痕はいかんともしがたい.

どうする?

どうもこうもない. 
20130604230154 20130604230708
広告の存亡この一巻にあり.
頼りになるのは止水テープ君,もはや君だけなのだ.

とその時.
「私にも手伝わせてください」
工具箱の片隅から一人の老人が立ち上がった. 
20130604232020
針金クランプ.ホース交換の際に退役したはずの彼だった.
その彼が今一度,戦線に帰ってきた.こんなに心強いことは無い.

なにやってんだか.
要するに,針金クランプ1個だと満遍なくホースを締め付けられない.特に針金が交叉してるあたりはたるたるになりやすい.だからそこを抑えつけるために位相をずらしてもう一つのクランプを追加した,という次第.
できることなら針金クランプなんぞ使いたくない,というのが心底正直なところ.
だけど無い袖は振れない.
なんともすっきりしないが,しゃーないか.

──以上が6/4~5の出来事.
これを書いている今が6/18.水漏れは完全に制圧した模様.
勝てばいいのだ. 

更新:画像引っ越し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

VR-4 クーラント漏れ 小康状態か

針金クランプの増締めで様子を観てみることにした翌日,正確には未明.緊急の用事で二度目の帰省となった.
帰省先での慌ただしい合間を縫ってフードを開けて点検してみた. 

20130524075439
ちょっと減ってる. 

20130524075606
目立った水たまりは無い.
これで一段落となってくれりゃあいいんだけどな.

ついでだからオイル補給. 
20130524082133
ざっと1リットル.
ジョウゴの代わりに物置に転がっていた鍋焼きうどんのアルミどんぶり.
かつてのホームベースとは言え,もはやここ(実家の駐車場)は他人の家の軒先のようなよそよそしさがある.
クルマいじりの道具もすっかり片付けられてしまって不自由なもんだ.

まあ,なんだ.
ほんとはのほほんとクルマなんか弄ってる場合なんかじゃないんだけどな.
けどまあ.
クルマでも弄ってないと気分がぐったりしちゃってしょうがないって時もたまにはあるさね.

更新:画像引っ越し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

VR-4 クーラント漏れ 再発

ホース交換して一月弱が経過.
その間,往復1400kmの帰省をやったりガラスを割ったりしてたわけだから波風経たずの平穏な日々というわけではなかった.
なかったんだけど,水についてだけは鏡の如くに穏やかだった.
はず.
だったんだけどな.

会社の駐車場で車を降りた瞬間,あの,懐かしくも忌々しい臭いが鼻の奥に浸透してきた.
あの臭い.クーラントが蒸発するときの臭いだ.

まさかねえ,と思いながらフードを開けてみた.

ほら,なんともない.


……. 
20130521082146
いや,目を背けてはいけない.
はい.漏れてます.みずみずしいクーラントの緑色の水たまりが所々に. 
20130521082227
当然ながらリザーバの水位も低下.まだ致命的な程の漏洩ではない模様.

漏水源はすぐに見つかった. 
20130521082117
ヒータエントリ.
あー,ここか.
こないだ,↓こんな感じにじゃりじゃりだったやつを, 
20130428140440 20130428141847
右画像のようにサビをこそぎ落としたあれだ.
サビはこそぎ落としたけど,凸凹が大量に残ったあれだ.

それに加えて針金クリップは締めすぎが恐くてギリギリ締め込んで無かったというのもある.
とりあえず.
今は時間がない.針金クリップを少し増締めして様子を観てみることにした.

更新:画像引っ越し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

VR-4 ガラス 2度目の交換

フロントガラスを発注した. 
20130507124031
発注した日の記念写真.

前回は純正部品の在庫を購入したんだけど,今回はOEM元の旭硝子の製品.
違いはいろいろある.
・三菱ロゴが入ってない.
・シェードの色が選べない(尤も,前回も在庫があるのは1色だけだったんだけどね).
・青い.赤外紫外両遮断.
・けど,安い.
・その上,なんと,安心の2年保証までついてくるという.

なんで2年前にこっちを選ばなかったのかな.
──そんな昔のことは忘れた.
2年保証! 2年だよ,に・ね・んっ.車検まるまる1回分!
──そんな先のことは解らない.

まあ,なんでもいいや.
とにかく発注した.純正品は微小ながら在庫があるそうだけど,ここしばらくのインフレたるや恐ろしいものがあってもはや純正品には手がでない.
そんなわけで青っぽいけどしょうがない.

で,なんで交換した写真が無いのか?
どうして発注発注ばかりで完成写真が無いのか?

納期2~3週間.これから作るから.

──だってさ.このヒビ,どんどん成長してるみたいな気がするんだけど大丈夫かな.

日本一周してきたって大丈夫ですよ.合わせガラスなめちゃいけません.

──ほんまですか?

日本一周は大げさかも知れないが,ウソではないかも.
2週間後,またもや緊急帰省の要発生.またもや往復1400km.
それでもヒビが目立って伸びることは無かった.

そして発注から3週間後.
できたてほかほかの青ガラスに交換完了.
流石に2度目ともなると感動も何もない.
青かろうが赤かろうがなんかもうどうでも良いかな.
写真も撮り忘れた.


何はともあれ,視界良好.

更新:画像引っ越し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

VR-4 またまたガラス

この連休に急な用事で帰省することになった.
幸いVR-4はついこないだ水周りの補修を終えたばかりで心配事はあんまりない.

今回の帰省は急な決定ということもあり,私一人.
どっかーん,と片道700kmを突っ走る. 
20130502052433
写真にこれといった意味はない.
SH-13Cのカメラだと動きのある場面の撮影でかならずこんなふうに画像がぐんにゃりと歪む.
CMOS撮像素子の特性なのか所詮オマケカメラ故のコストダウンなのか.

そして目的地付近で高速を降りたら真っ先に駆け込むのがこういうお店. 
20130502103618r
高負荷運転してるとオイルの減りが激しい.ちょうど交換時期と重なったこともあり,補給ではなく交換してしまうことにした.
規定量4.2リットルに対して抜けたのは2.8リットル+フィルタ.
ガソリンも大食いだけどオイルも大食いになってしまった.

ややこしい用事を終えてかなりぐったり.

帰路に就く前にちょっと息抜きしたくなった. 
20130503175734r
河口対岸に見えるのは太古に勤めていた製鉄所.鉄とサビと潮の臭いが懐かしい.
旧友と落ち合って海を眺めながらしばらく話す.

さて.
渋滞する時間帯を避けて夜半に出立.
中央道を長野県に入ったころだったかな.どこから飛んで来たのか知らないけれど,フロントガラスに何かが衝突.1円玉で隠せるほどの小さな傷ができた.
あーあ.去年リペアしたばかりなのにな.と落胆しつつも,今回もなんとか補修できるだろうとタカを括っていた.

そんな事を考えながらもクルマは走り続ける. 
20130504051438
淡々と走ってるうちに日が昇ってきた.
前方,木立の向こうに富士山が見える.この撮影地点から1時間程で無事に帰宅.
この写真にもガラスの傷は写ってると思うんだけれど,画像からは見分けがつかない.その程度の小さなものだった.

それから2日後.
次男夫婦が遊びに来るのを駅まで迎えに出かける際に発見. 
20130506151658
ぎゃー.

50cm以上の長さで水平に走るヒビ.
試しにその端っこを指でちょいと押さえると すーーーーーーーーっ と,まるで軟体動物の這った軌跡のごとくにヒビが伸びていく.

ガラスの傷は見つけたらすぐに補修しないとどんどん成長しちゃうんだな.
油断した.

2006年に入った傷が2011年に悪化して交換,それからたった1年でまた飛び石喰らって補修したってのに.今回でガラストラブル3年連続の遺業達成ってことになる.
並のヒトなら不運だ祟りだと嘆くのかもしれない.何者かに命を狙われてるのかと神経衰弱に陥る繊細なヒトだって居るかもしれない.
けれどあいにくノンキな私はそうは考えない.
これだけトラブル続きにも関わらず五体満足で生き残ってるって事は案外,ほんとは類まれな強運の持ち主なのかもしれないな,などと考えてしまう.
いやはや人生刺激に満ちてます.

ま.修理費用は痛いけどね.
休みが開けたらガラス屋さんに行かなきゃ.

更新:画像引っ越し

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧